FAQ

KISOUに関する、よくあるご質問にお答えいたします。

「KISOU」ブランドの特徴を教えてください。

「KISOU」は、肌のバリア機能をサポートし、みずみずしくしっとりリッチな肌へ導く乾燥性敏感肌※1向け基礎化粧品です。
女性が抱える乾燥性敏感肌に着目し開発しました。
診療データ※2を活用した当社の独自調査において近年、乾燥性敏感肌の内的原因となる疾患群が増加傾向にあり、特に30代~40代女性はこの傾向が顕著であることが観察されています。

※1…皮膚のバリア機能低下により、乾燥している状態。
※2…メディカル・データ・ビジョン株式会社(東証1:3902)が保有する診療データベースは、病院からデータの二次利用許諾をいただいた、DPCデータ/レセプトデータをもとに構築しています。当該データベースでは、収集が難しく実態を把握することが困難とされていた、病院における薬剤処方実態や疾患規模の実態などを明らかにすることが可能です。なお、取り扱っているデータは全て、個人情報保護の観点から匿名化処理をしています。

「KISOU」ブランドの由来を教えてください。

すべての女性を「(KI)き(SOU)で」、「自然体でシンプル」「強く・美しく・品のある女性像」をイメージし、「KISOU」と名付けました。

どんな肌悩みがある人におすすめですか?

乾燥が気になる方におすすめのブランドです。

「KISOU クリーム クレンジング(クレンジング クリーム)」は、ダブル洗顔が必要ですか?

クレンジングはメイクを落とすものであり、皮膚の汚れを落とす目的では作られていません。
皮脂やクレンジングの残りが肌に残っていることも考えられますので、ダブル洗顔することをおすすめします。

からだに塗った「KISOU UVプロテクション クリーム(日ヤケ止めクリーム)」は、何で落とせばいいですか?

「KISOU UVプロテクション クリーム(日ヤケ止めクリーム)」は、専用のクレンジング料で落としていただく必要はありません。
現在お使いの洗顔料やボディ洗浄料、「KISOU フォーミング ウォッシュ(洗浄料)」で洗浄いただけます。
ただし、落ちにくいと感じたときは、クレンジング料のご使用をおすすめします。

「KISOU」は日本製ですか?

はい。日本で製造しております。
「KISOU」は徹底した品質管理のもとで生産した製品をお客さまにお届けしております。

「KISOU」の全商品を使用した場合の使用順序を教えてください。

「KISOU クリーム クレンジング(クレンジング クリーム)」→「KISOU フォーミング ウォッシュ(洗浄料)」→「KISOU モイスチャライジング ローション(保湿化粧水)」→「KISOU モイスチャライジング エマルション(保湿乳液)」→「KISOU モイスチャライジング クリーム(保湿クリーム)」です。
「KISOU UVプロテクション クリーム(日ヤケ止め)」は、お出かけ前の朝、「KISOU モイスチャライジング エマルション(保湿乳液)」の後にご使用ください。

匂いはありますか?また、肌への塗り心地はどうですか?

すべての製品が無香料、無着色です。
肌を包みこむような心地よい感触で、なじむとベタつきがございませんので長くご使用いただけます。

泡洗顔だけで、本当に毛穴汚れが落ちるのでしょうか?

泡洗顔の良さのポイントは、泡のきめ細かさです。
「KISOU フォーミング ウォッシュ」は、きめが細かく弾力のある泡で、汚れを抱え込みやさしく洗い流します。
そのため、洗顔中に肌を擦りすぎることなくご使用いただけます。

アルコール不使用の製品はありますか?

「KISOU」すべての製品が、アルコール(エタノール)不使用です。

150万人とは、何の数字ですか?

診療データ抽出定義条件における基礎条件該当患者数1,567,584人を指します。
(出所:MDV診療データ 2010年4月~2016年12月 L00-L99皮膚及び皮下組織の疾患(ICD10コード))

メディカル・データ・ビジョン株式会社が保有する診療データベースは、病院からデータの二次利用許諾をいただいた、DPCデータ/レセプトデータをもとに構築しています。
当該データベースでは、収集が難しく実態を把握することが困難とされていた、病院における薬剤処方実態や疾患規模の実態などを明らかにすることが可能です。
なお、取り扱っているデータは全て、個人情報保護の観点から匿名化処理をしています。
2017年4月末時点で、データベースの実患者数は全日本国民の7人に1人に相当する1,821万人です。

くわしくは「エビデンス」ページをご参照ください。

その他のご質問は、こちらからお問い合わせください。